ルーデンスクラス

ルーデンスクラス(社会化クラス)は
子犬の社会化期に
様々な刺激に触れ、社会性をつけるクラス
その中で「遊び」は大切な社会化のツール

ルーデンスとは遊ぶという意味のラテン語
オランダの歴史家ホイジンガが提唱した
「遊びの中で文化や社会を生み出す活動」

思えば私たちは
子供の頃に遊びの中から沢山の事を学びました
この育ちの原点、原体験、原風景があるから
人付き合いや社会に馴染む事ができます

私たちがそうであったようにルーデンスでは
犬と犬、犬と人が
自然に遊びの中で社会性を身につけます
そしてその中心にはいつもあなたがいる
ルーデンスクラスは
あなたと私たちで一緒に育む犬育ての場です

ルーデンスクラスはあなたと共に子犬を育む場

ルーデンスは3つの社会性を育むクラスです。あっという間に過ぎていく社会化期だけの特別なクラスで、子犬の将来を見据えた体験と学びを共にしませんか。
そして、犬と過ごす楽しさを思う存分味わってほしい、子犬にも人と暮らす喜びを知ってほしい。そんな思いを注ぎ込んだスペシャリティがルーデンスです。

犬としての社会性

犬としてのボディランゲージを知り、伝えられる子に育てる

人社会で過ごすための社会性

様々な刺激や環境の中でストレスなく過ごせるように育てる

あなたと共に協力する社会性

あなたのことが大好きであり、あなたもその子が大好きに育てる

ルーデンスクラスについて

なぜ社会化を急ぐの?

 

仔犬育てに大切なことはたくさんあります。その中で、今しかできないことがあります。それが社会化です。犬たちは狼の時代より今に至るまで、生きていく上で必要な寛容性や警戒心などをわずかな時間の中で身につけます。なぜわずかな時間でみにつけるか?それは野生ではすばやく社会適合できないと生きていけないからです。犬は野生では生きていない代わりに、犬社会と人社会の両方に対応して生きるための寛容性を身につけなくてはなりません。

ルーデンスでは犬としてのふるまいと人とのコミュニケーションの両方を学びます

いつからいつまでが社会化に適している?

社会性をみにつけるにもっとも適した時期は1回目のワクチン接種後10日から4ヶ月齢になるまでです。この時期はスポンジが水を吸い込むようにどんなことでも受け入れていきます。そしてそれがその子の一生をどう生きるかを決める社会性となります。当然ながらその経験が多ければ多いほど行動力も高くなり、私たちと生活する上でのアドバンテージとなります。逆に経験値が小さいと、成犬になっても、ちょっとした音、動くもの、人、犬、場所・・・ほんの些細なことにもストレスを感じ、驚き、怖がり、極端に興奮してしまい、その場にいることすら難しくなります。それでは犬と社会に出て過ごすこと自体がストレスとなってしまいます。そうならないためにもできるかぎり早くから直接的な社会とのふれあいをすべきなのです。
ところが日本ではこのことを理解している飼い主さんは少なく、それどころか専門家と呼ばれる獣医やブリーダー、トレーナーでさえ理解が浅いのが現実です。そのため日本の犬は怖がりで社交性の小さい犬が多く見られます。世界的にみれば社会化をなによりも早く適切に行うことは常識であるにも関わらず、日本はどうしてこんなにも遅れているのでしょうか?
それはワクチンを3回接種しないと外に出してはいけないというまったく根拠の薄い考え方がはびこっているからです。ワクチンと社会化については詳しくこちらで記載していますのでぜひお読みいただきたいのですが、簡単にお話ししますと、先進国ではワクチン接種よりも先に仔犬は地面に下ろして経験させるというのが基本的な考えです。

ルーデンスは健康状態を確認し、社会化についての説明をし、ご理解をいただいた上で生後2ヶ月半からスタートできます

具体的にはどうすればいいの?

実は、そこが難しいと感じる方が多いのです。
よし、じゃあ週末にあちこち連れ回していればそれでいいかというとそうではありませんね。少からず社会性はつくでしょうが、1週間に1度では社会化期の経験としてはあまりにも少なすぎます。それに突然一気に動かすことは仔犬にはストレスになることもあります。大切なのは毎日すこしづつ経験させ、その経験するものをどんどん増やしていくことなのです。またその状況に応じて仔犬の精神状態や行動を見極めながら差し引きしていくことなのです。
そして、あなたと、あなたの犬が将来経験するであろう社会として、田舎道、住宅街、商店街、駅前、都会、工事現場、小さな犬、中ぐらいの犬、大きい犬、元気な犬、老犬、子供、学生、男性、女性、集団、作業着の人、荷物を運ぶ人、カートを引く人、大声で話す人、老人、松葉杖をついた人、車椅子の人、機械音、反響音、車の音、バイクの音、などなど、様々な刺激と直接触れていくことなのです

ルーデンスではそれらの刺激にふれるため、仔犬と共に私もしくは子育て支援隊がレッスン場から出て過ごします。

社会性をつけるだけでいいの?

いいえ、それだけでは足りません。仔犬にとって一番身近で一番大切な社会はあなたやご家族と暮らす時間です。その時間をどう楽しく過ごせるかによって、あなたと仔犬が将来共にする事をうまく、楽しくできるかに関わってきます。そこで社会化と同時進行で行いたいのが「遊びを通した学習」なのです。遊びによって自律神経の動きを高めます。そして興奮と落ち着きの両方のスイッチを作ります。さらに遊びのルールを学びます。そして人と一緒に何かをすることは楽しくて、ルールがあるのだと理解していきます。アウラではこれを「集中と解放」と言います。
思い起こせば、私たちが幼稚園時代に体験したのは、先生や友達とのおにごっこやかくれんぼです。そこにはかならずルールがあって、そのルールを守らなければどんなに自分がやりたくてもできませんでしたね。そして勝ち負けだけでなく、そこにまつわる感情表現をし、また友達のそうした感情表現を感じとり、互いに尊重し合うことや、感情のコントロールを学びました。決して、椅子に座って朝から晩まで国語や算数をしてはいませんね。そう、この時期は人間でも犬でも、まずは感情からの学びが大切なのです。

ルーデンスでは興奮してもいいのです。ただし落ち着くことも必要です。それを遊びながらルールとして学びます

わずか3ヶ月齢、4ヶ月齢のパグであってもこの動画のように、集中力と解放力を持つことができるのです。この子は決して特別ではありません。

じゃあ毎日通うべき?

いいえ、最大でも週に3回です。できれば週2回まで。それ以外は基本的にあなたが仔犬の社会化を促進するのが本来の姿です。ルーデンスはそのヒントになることをお伝えしたり、アシストをする場です。ルーデンスは他の幼稚園のように一時預かり所ではありません。私は自分の犬を育てるように愛情と時間を最大限に注ぎます。それはとても大変なことなのです。ですからルーデンスに通う子犬の数は最大で2頭までです。それ以上預かるとそれはできなくなるのです。
火曜日と金曜日は朝の10時から夕方の5時までとことんあなたの犬とむきあいます。5時からはレッスンを受けることができます。それに土曜日の半日はあなたも一緒に社会化を促進するために同行することができます。そこにはたくさんのヒントと感動があります。
巷の閉じ込め型一時預かりのように小さな部屋にたくさんの犬、しかもそれは管理のないままに放り投げて遊ばせるようなことはしません。それを幼稚園というならば、人間の子供の幼稚園とは全く異なりますね。たしかにそれでも遊べる子には育つかもしれませんし、そのような社会性はつくかもしれません。しかし感情のコントロールや集中力を養うには足りないこともあります。その小さな部屋は商店街にはならないし、小さな子供も自転車も通らない・・・・とくにあなたと楽しむ集中力をえる時間はそこには皆無です。

ルーデンスはあなたが留守の間に預かってくれる便利な一時預かりではありません。あなたと共に育む場です。

私たちも学びたいけれど?

もちろんその時間をご用意しています。通常のレッスンのように基礎的なカリキュラムを通してあなたとの関係を高めていきます。お迎えにいらした時に合わせてレッスンされてもかまいませんし、別の日にご予約いただくことも可能です。なんといってもレッスン場はその子にとって第二の我が家のようなものです。とてもリラックスしてレッスンを受けることができますし、よく集中します。そして社会性の高い子はどこにいってもその学んだことを行うことができるのです。この感覚は単にトレーニングだけでは育めませんし、預かりだけでも不可能です。あなたも子犬も共有できるものがあるからこそ学べます。
そしてもうひとつ・・・
この時期に経験したり学んだ子はその先の6ヶ月齢ころからの思春期以降にとても大きな力を発揮することができます。これをゴールデンエイジといいます。人間の子供でも、3歳4歳でピアノや水泳、英語やスポーツを学んだ子供は中学生くらいになった時、やったこともない楽器やスポーツをちょっと見ただけで、まるで天才かとおもうくらいさらりとやってのけることがあります。これがゴールデンエイジといわれる所以です。この考え方は犬にも当てはめることができ、社会化期にたくさんの経験と学習をした子は1歳くらいからグンと伸びるのです。
詳しくはスキャモンの成長曲線でご確認ください。

ルーデンスはあなたと共にゴールデンエイジを育てます

回数は?料金は?コースはあるの?

コースはたった2つです。子犬にとって不要なサービスはありませんが、子犬にとって必要と思われる事であればご要望に応じた調整が可能です。

ベーシック30
犬のみ通園20回+一緒にレッスン10回

社会化もトレーニングも充実したコースです
入会金 不要
対象 スタートが生後3ヶ月齢(12週齢)〜4ヶ月齢まで
料金  200,000円+税

・通園スタイル 週2回 犬のみ通園
週1回〜2回 飼い主さんの為の一緒にレッスン

スポット20
犬のみ通園6回+一緒にレッスン14回

トレーニングに重点を置いたコースです
入会金 不要
対象 スタートが生後3ヶ月齢(12週齢)〜4ヶ月齢まで
料金  140,000円+税

・通園スタイル 週1回〜2回 犬のみ通園
週1回〜2回 飼い主さんの為の一緒にレッスン
※犬の成長にあわせて通園とレッスンの回数を入れ替える事も可能

共通事項

・通園スタイル 週1回〜2回 犬のみ通園
週1回〜2回 飼い主さんの為の一緒にレッスン
※犬の成長にあわせて通園とレッスンの回数を入れ替える事も可能

・通園期間 最大4ヶ月間

・犬のみ通園
火・金曜日 AM10時〜PM17時
土曜日 PM13時〜PM17時より選択いただけます
時間内であればいつ来ていつ帰っても大丈夫です
※朝夕の時間調整もご相談に応じて可能な限り対応します
※他の曜日の調整も可能です
※パピーパーティー開催日(土)はお休みです

・一緒にレッスン(マンツーマン又はグループレッスン)
マンツーマンは完全予約制、お好きな日時でどうぞ
グループレッスンは土曜日
※送迎時間を利用しても可能

・その他
お預かり中の写真や動画をインスタグラムで配信します
ご送迎希望の方は条件によって可能な場合もありますのでお問い合わせください
食事は手作り食も対応しています。アウラは手作り食のエキスパートですのでご相談ください

契約事項につきましては契約時に契約書にてご説明します

申し込み方法は?

下記のお問い合わせフォームにてカウンセリングのお申し込みまたは、ご不明な点などありましたらご質問事項をご記入ください。

お問い合わせフォーム

■フォームについて
お問い合わせ内容にチェック、各記入欄に入力の上、送信をお願いいたします。
お申込み状況とご質問内容によっては、返信に多少のお時間を頂戴する場合があります。あらかじめご了承ください。

お電話でのお問い合わせは、090-3451-4868 西田オサアキまで※レッスン中は出れないことがあります。

※数分以内にお問い合わせ(控)をお送りします。ご確認できない場合は、お手数ですが、迷惑メールファイルタのご確認、またはAURAまでご連絡ください。
※お問い合わせ項目に該当がない場合は、お問い合わせ内容や仔犬の状態などにご記入ください。

■お問い合わせ内容 (必須)
入園に関するご相談やご質問パピーパーティー参加希望カウンセリング希望入園希望・検討トレーニング希望その他






■性別 (必須)
男の子女の子